秋の外ヨガ

いつもはスタジオレッスンに
出ている先生の外ヨガに参加
@新宿御苑。

IMG_3317

 

仰向けになると空が高いーー。

IMG_3318

 

ひんやりした秋の風や
枯れかけの芝の匂いや
遠くに近くに聞こえる鳥の声や
土をつかむ足裏の感覚や。

そんないろいろを感じて
覚醒すればよいのだけれど、
そもそも朝が苦手だしね。
気持ちよくぼんやりして
ただただ眠い昼下がり。

 

IMG_3320

雨の日のICU

昨日は国際基督教大学の大学祭へ。
雨なのにけっこうな人出。

IMG_3284

IMG_3286

 

おいしそうな模擬店を横目に
敷地のはずれにある泰山荘へ向かう。
泰山荘は6つの歴史的建造物の総称で
野川沿いの森の中にある。

偉人だけど変人であっただろう
江戸時代の旅行家、松浦武四郎が
全国から古材を集めて建てた
一畳敷の高風居がここにあるのだ。

ふだんは高風居だけ非公開なのだが、
一年に一度、大学祭の2日間だけ
学生さんの案内で見学できる。
楽しみーー。

 

タケノコとるなの看板がいっぱい。
そりゃとりたくなるよね。

IMG_3294

 

着いた!

IMG_3293

 

ところが!
高風居は崖下にあって
雨の日は滑って危ないから
見学ツアーは中止だという。

え〜わざわざ来たのに〜。
学生さんたちも平謝りだけど…
中止の連絡くれないのかい(笑)

 

でも、お庭はとても美しく
雨にぬれた緑がきれい。

IMG_3288

IMG_3289

IMG_3290

 

どんぐりがいっぱい落ちていた。

IMG_3291

 

高風居へのアプローチ。
確かに滑りそうな予感…。

IMG_3292

 

見学ツアーの代わりに
スライドで説明してくれるというので
湯浅八郎記念館とかいう建物へ移動。

IMG_3298

ICU広いなあ。
歩く歩く。

 

湯浅八郎記念館では
「縞と格子」をテーマにした
昔の着物や浮世絵の企画展を開催中で、
ここでも学生さんが案内してくれた。

ICUの初代学長だった湯浅八郎さんは
民芸品の収集家でもあったらしく、
素敵なやきものや箪笥なども常設展示。

さらに、ICUの敷地で出土した
縄文遺跡の常設展示もあって、
ついでに来たのにおもしろくて
じっくり見入ってしまう。

 

いろいろ見た後は
カフェテリアでまったり。
330円の酢豚がうまい。

IMG_3295

 

なんだかいい時間を過ごしました。

 

和田誠さんのすごい仕事ぶり

昨日、予定がキャンセルになったので、
「和田誠と日本のイラストレーション」
を観に、たばこと塩の博物館へ。

 

『週刊文春』の表紙は
なんと40年間で2000作!

IMG_3263

IMG_3267

 

週刊って毎週締切があるんだよね?
毎週なのに、このクオリティで40年。
あり得ん…。

グアッシュで描かれたこの表紙は
原画がいくつか展示されていて、
物語を作り、構成を考え、絵を描くという
毎週毎週の真剣勝負が伝わってくる。

 

ほかにも、ポスターや本の装丁や
映画やアニメーションや
(懐かしの『ゴールデン洋画劇場』の
オープニングアニメーションも視聴できる)
和田さんの仕事はボーダーレスで、
絵の力ももちろんすごいのだけれど
やはりデザインの力が素晴らしいのだ!
ということがよくわかった。

 

展示は10月22日(日)まで。
詳細はこちら

たばこと塩の博物館は
東京スカイツリー(押上)から
歩いて10分ちょっと。
入館料100円はお得です。

親水公園を経由して
すみだ北斎美術館へも歩けるので
セットで行くのもおすすめです。

IMG_3268