益子ドライブ② 裂織と帽子の母娘展

さて、道の駅でえらくのんびりしてしまい
目的地その2の展示会場へ急ぐ。

さんざん道に迷って
裂織作家の善林(ぜんばやし)さんの自宅へ到着。
小高い丘の上で、雑木林に囲まれていて、
うらやましく優雅なおうち。

14643100_601072730017876_1221149881_n

 

お母さんの裂織と娘さんの帽子を展示。

14694711_601072436684572_1358634374_n

 

裂織(さきおり)というのは
細く裂いた古布で織る織物。
善林さんの絹の裂織は
色合わせがシックで、艶がある。

 

布の組み合わせが素敵ながまぐち。

14628001_601072736684542_1214360681_n

 

作品に見入る友人Aと友人B。
友人Aはすでに帽子をキープしている。

14620157_601072723351210_1815483905_n

 

 

私はさんざん迷った挙句、
娘さんのクローシュと小銭入れを
友人Aと色違いで購入。

14625368_601072763351206_1618445222_n

左が私の青緑色の帽子と
ハラコの小銭入れ。
右が友人Aの濃いオリーブ色の帽子と
銀色の小銭入れ。

写真では伝わらないけれど
実際はもっとニュアンスのあるいい色。
ハラコの小銭入れは
あめちゃん入れにしようっと。

 

目的地その3は「スターネット」。
ここでものんびりしてしまい、
暗くなってきたのであわてて帰る。

14686193_601072946684521_1718047351_n

 

つくば〜益子は県道41号で
一本道なのでわかりやすい。
距離優先のカーナビのいいなりになって
あちこち曲がるより(行き)
ブレずにまっすぐ進むべし!(帰り)

益子ドライブ① 道の駅 ましこ

雨の月曜日、つくばに住む友人Aが
お知り合いの母娘の手仕事の展示を見に
車で益子へ行くというので
便乗させてもらった。

中野に住む友人BとTXに乗って
つくば駅で待ち合わせ。

 

目的地その1は「道の駅 ましこ」。
つくばからは1時間ぐらいで着いた。

14627923_601072403351242_1195654654_n

田んぼの真ん中に立っていて
目立つ、目立つ。
壁面がすべてガラス張りで
夜に通ったらきれいだった。

 

前々日の土曜日にオープンしたばかりで
月曜なのに、雨なのに、すんごい人。

img_2628

野菜、果物、しいたけ、こんにゃく、
地酒、加工食品、ドライフラワー。

 

キャベツがごろごろ。

img_2631

 

かんぴょう、地粉、乾物もいっぱい。

img_2634

img_2635

 

きれいに編み込んだ唐辛子。

img_2633

 

手づくりのお惣菜。

img_2630

しもつかれ、初めて食べた。おいしーい。
ご飯にも日本酒にも合うねえ。

 

焼きもの、藍染め、綿織物。
工芸品がたくさんあるのが益子らしい。

img_2636

img_2638

もふもふの木綿のラグ、ほしかったなあ。
次回の楽しみにとっておこう。

 

こんなに人が多いのに
みなさん静かに買いものをして
静かに食事をしていて、
ちょっと不思議な感じ。

そのうち、そうか! と気づく。
観光客じゃなくて、地元の人だからだね。
でも、これが関西だったら
もっと賑やかだけど…(失礼)

 

14741700_601072386684577_1113650602_n-2

ランチもとてもおいしい。
器も益子焼だーー。

ちなみに、箸置きは登り窯だそうです。
シャコかと思った…(失礼)

安野モヨコ展 STRIP!

はるばる銀座まで(世田谷からは遠いぜ)
映画の試写会に行ったのに
満席で入れませんと言われ、
そのまま帰るのも悲しいので
池袋パルコの「安野モヨコ展」へ。

img_2522

 

いや〜。
絵がうまい人の原画は見ごたえがあるわ。

img_2523

img_2524

 

夢中で読んでた『ハッピー・マニア』。

img_2525

久しぶりに見ると
ストーリーと同じぐらい、絵も暴走してる。

 

シゲタカヨコ歴代の彼氏がパネルになってた。
(裏側にもあるよ!)

img_2528

 

新聞連載だからか気づかなかったけど
『オチビサン』の原画は
タッチも色合いもとてもやさしい。

img_2529

ほのぼのするな〜。

 

元気でた!
明日もがんばろう!