ハヤシとライスの配分について

私の夏のオアシスと化している
代官山の蔦屋書店でランチ。

初見でごはんが多めと判断したため
ハヤシとの配分を考えつつ食べ進めていたところ
途中で、ハヤシも意外と量があることに気づく。がーん。

カレーとかハヤシとか、こういったタイプの料理は
初動のミスが後半に響くのだった。
おいしいのに、最後は口の中がしょっぱくなってしまい
白ワインを頼んでいれば解決したのに、と思う。

生きる悪知恵/西原理恵子

週末の友、もう一冊。

マジメな悩み相談への的確なお答えはさすが。

ニュースサイトによると、7月初版で現在5刷13万部。
読者は約6割が女性、30代~40代が目立つそうで
私もまんまとターゲットに引っかかったというわけだ。

それにしても、この毎日かあさんは悪い顔してるね。

お友だちからお願いします/三浦しをん

猛暑続きの頭に複雑な物語は無理なので
週末の友はエッセイ。

よくもこんなに人のことを観察してるなあ
と、いつもながら感心する。

福山雅治の「東京にもあったんだ」の歌詞を論じた
最後の書き下ろしには激しく共感。
核心を伝えるために必要なステレオタイプの言葉を
バランスよく使うのは本当に難しい。

何よりタイトルが絶妙!
この本を売りたい編集者の気持ちが伝わります。