「立つ、歩く、走るを科学する」講座①

先日のタイ取材でご一緒した
健康管理のプロフェッショナルの方から
「ナチュラルにアクティブにキレイに生きる」
という講座の案内をいただいた。

この手のタイトルの講座は胡散臭い気がして
ふだんは敬遠してしまうのだが、
誘ってくださった講師の今井美香さん
アメリカを拠点に世界で活躍されている
どうやら“すごい人”らしいのだ。

何よりも美香さんご自身が
知性あふれるチャーミングな方なので、
わーい、行っちゃおう!
と、お天気のよい週末に参加してきた。

 

講座のサブタイトルは
「立つ、歩く、走るを科学する
カラダの仕組みつくり体験型講座」。

えーと、うまく説明できないのだけれど、
人間の体は本来、素晴らしいシステムを持っていて、
でも、ぜんぜん発揮できていない人が多くて、
その潜在能力を活かすことで体も脳ももっと働いて
歳を重ねても健康で美しく楽しくいられるというお話。

 

美香さんいわく「さわりのさわり」の座学の後、
「正しく立ち、正しく歩く」のレクチャー。

きちんと立つ=足の骨格を正すために
美香さんが家の中で履いているサンダルを
試しばきしているところ。

 

きちんと立つ、なんて考えたことなかったけど、
きちんと立てなければ、骨格がゆがみ、
正しい筋肉がつかず、 血液やリンパ液が滞り、
酸素と栄養がきちんと回らないのだそうで、
言われてみれば納得。

パソコンで前かがみになっている自分…
そりゃ肩こりも腰痛も出るよなあ。

 

きちんとした体を作る第一歩は
足と肩甲骨を動かす、つまり歩くことだそうで、
屋外に出て、ノルディックウォーキングの
正しい歩行を教えてもらった。

手を大きく振ると、胸ががっと開くのね。
青空の下、大股でのびのび歩くのは気持ちがいい。

 

最後は、スムージーとデザートをいただき、
「健康で美しくなったら、こうありたい」
をお絵かきして終了。

 

4時間の講座だったけれど物足りなく
(先生も物足りなさそう 笑)
1週間みっちり受ければ少しは理解できるかも、
ぐらいの深い分野なのだと思う。
でも、知らなかったことを知るのは楽しい。

続きは来月の「正しく走ってみよう」で、
ランニングシューズを買って参加する予定。
って、私、これから走るのか? (迷い中)

 

そうそう。
講座を主催するThe Natural Shoe Store
履きやすく、歩きやすい靴のセレクトショップだった。
素敵な靴がたくさんあって
これまたテンションが上がる!

伊藤くん A to E/柚木麻子

またしても、軽い小説かと思いきや
(軽く書かれているけれど)シリアスだった。

いるいるーーー伊藤くんみたいな人。
そして、自分の中にもプチ伊藤くんはいるから
鏡を見るような伊藤くんのあれこれが
鬱陶しく感じるのだろう。

伊藤くんはこれからどうなるのか?
続編ないかなー。

スリーピング・ブッダ/早見和真

表紙がポップなので
「ファンシィダンス」みたいな話?(懐かしいね)
と思ったら、ちょっと違った。

軽ーく書かれているけれど
宗教とはなんぞや? という
壮大かつ超シリアスなテーマ。
まあ、タイトルも「涅槃仏」だし。

家の近所だけでもたくさんのお寺があるのに
檀家じゃなければ関わりが持てない。
日常の悩みへのヒントとか、災害時の心のケアとか、
宗教家ができることってたくさんありそうだけど。

タイやラオスやミャンマーのお寺みたいに
日本のお寺も自由に出入りして心を落ち着けたり、
お坊さんと気軽に話したりできればいいのに。
と、つねづね感じていることが、本書にも書かれていた。

お坊さん萌えの方にもよろしいでしょう。