30年ぶりの部活、無事終わる

地元の母校には卒業生の組織があり、
東京にも支部があり、毎年、同窓会が開かれていて、
卒業30年目の学年が幹事を務めるらしい。

・・・なんてことも知らなかったのだが、
ひょんなことから幹事グループに入ってしまい
(飲み会にうっかり行くと、自動的に幹事になるしくみ)
なりゆきで司会 をやることになってしまった。

昨日2月23日の本番に向け、年明けからは準備も佳境。
毎週末のように、都内の会議室に集まっては、
長時間の打ち合わせ、名簿や司会原稿の確認。
仕事より大変だったけど、部活のようでもあったなあ。

でも、終わったーーー!!!
つつがなく、長い、長い、一日が終わった。
出遅れてビールを飲み、ごはんを食べて落ち着いて
日付が変わってから帰宅。久しぶりに爆睡。

それにしても、恩師というのはありがたい。

ン十年もご無沙汰しっぱなしなのに、
司会席でいっぱいいっぱいな私に
ビールを注ぎに来てくださるし、
教え子の成長ぶりをやさしく褒めてくださる。
(「背伸びた?」と何人もの先生に言われた。なぜだ。)

ともかく大仕事が終わったので、
すっかり止まっていた本業にかからねば(汗)。
といっても、まだ、反省会やら
次の学年への引き継ぎがあるんですけどね・・・。

いちばん大変だった代表幹事のAくんは
本日の東京マラソンを完走したようで、
これはもう、すごい、としか言いようがない。
いったいどうなっているのか。

母の帽子

私がかぶっていた帽子が欲しいと母が言うので、
でも、お揃いになるのもつまらないから
以前編んだ手袋と色違いの糸で編んでみた。

えんじだけど、ちょっと華やかなえんじが
白髪にも似合うと思う。
本人も気に入ってくれてよかった^^

次は父の帽子にとりかかります。

旧交をあたためるの巻

最近なぜか昔の友人に会う機会が多い。

昨日の午後は、高校の同窓会幹事チーム15名ほどで
4時間半のミーティング(本番間近で佳境!)

その後、はるか遠い昔に在籍していた出版社の
OB&OGと一緒に大酒を飲む。

会えば時間が巻き戻ってしまうのが昔の友達。
年をとってお酒を飲めなくなったら
縁側でのんびりお茶でも飲みましょう。
(いずれは縁側のある家に引っ越さねば・・・。)