沖縄のアテモヤ

もいっこ沖縄ネタ。

ジ・アッタテラスという素敵なリゾートには
自家農園があって、そこのスタッフがまた素敵。
野菜やハーブや果物の愛情あふれる説明に
つい時間を忘れて聞きいってしまう。

「これすごくおいしいんだけど熟れてないねー。
でもすごくおいしいから食べてほしいなぁ」
と、まだ青いまま手渡してくれたのが、
アテモヤとかいう南米原産の果物。

「1週間ぐらい置いたら割れてくるから」
との言葉どおり、黒ずんで割れてきましたよ。

果肉は「クリームみたい」という説明だったけど、
とろっとしているだけでなく
洋梨みたいなさくさくの食感もあって
こってりとさっぱりの中間みたいな。

おいしい~!

取材ぎらいなMヤギさん

数人が共同で登り窯を持つ沖縄の窯元を取材。
広報担当は持ち回りだそうで、
今年の窓口は取材が嫌いならしいMヤギさん。

早口でボソボソ話すから聞き取りにくいし、
質問にはあまり答えてくれない(笑)

とにかくしゃべりたくないみたいで、
せっせと冷たいお茶や熱いお茶や
おいしいコーヒーを淹れてくれ、
おせんべいやチョコやバナナを配ってくれる。

作品のことも聞きたいんだけどなあ。
でも私たちはMヤギさんのファンになってしまった。

窯焚きのときに焼き具合を確かめるための
小さな壷をお土産にもらう。
ようじ入れるのにいいんじゃない?といいながら、
ついでにごはん茶碗も買っちゃった。

トイフォトモードで撮ったらよけいシブくなりました。

キングタコス

沖縄取材のつづき。

タコライスってナイスな発明だと思う。
ひき肉とチーズとレタスとトマトとサルサソースが
ごはんに合うと気づいた人はすごい。

タコライス発祥の店という「キングタコス」でランチ。

ふつう盛りだけどすごい量です。
ごはんはゆうに2膳分以上あります。