津軽へ湯治に行きたい

先々週、弘前とその周辺の取材へ。
同じ青森県でも、津軽藩と南部藩では
歴史も文化もぜんぜん違うのね。
勉強になりましたー。

 

のどかな大鰐温泉と

シブい共同浴場。

実力発揮の文字が踊る。

 

温湯(ぬるゆ)温泉の共同浴場は
とってもいいお湯だった。

築100年以上たっている
現役の客舎(湯治客向けの宿泊施設)

寒いのを我慢して
ここで一週間ぐらい湯治したい。

 

弘前の中心部にある虹のマート。
通称「虹マ」 というらしい。

おいしそうなお惣菜がいっぱい。
うちの近所に一軒ほしい。

 

弘前の曹洞宗の寺町は迫力がある。
全国有数の規模らしい。

津軽氏の菩提寺、長勝寺。

日光東照宮を思わせる色遣い。
よーく見ると歌ったり踊ったり
ハッピーな感じの仏様なのだ。

 

津軽三味線のライブ。
女子の演奏かっこいい!

この近くはスナック密集地帯だった。
次回はぜひ行ってみなければ。

 

津軽の人が愛してやまない岩木山。
(取材アテンダントのK氏の表現)

 

取材中のいただきもの。
りんご、りんごジュース、りんご煮。

 

自分で買ったもの。
にしんの燻製、うんぺい餅、こけし。
直売所で安かったにんにく、
おいしかった黒石納豆。

 

津軽藩と南部藩、弘前と黒石の確執とか
津軽三味線やこぎん刺しの歴史とか、
いろいろ興味深い話をうかがいながら、
みなさん話が上手、と感服した。

軽妙な津軽弁で、よどみない話術。
人なつっこい笑顔。
津軽の人は人たらしだなあ。

がんばらない/鎌田實

資料として読んだのだけれど
あちこちで涙が止まらなかった。

鎌田實さんは諏訪中央病院で
長いこと地域医療に貢献してきた内科医。
ベラルーシやイラクでも
精力的に医療支援を続けている。

 

昨年、諏訪中央病院のハーブガーデンを
見学する機会があった。

病院にこんな素敵な庭があって
患者さんは歩いたり花を摘んだり、
リハビリルームや緩和ケア病棟から
眺めることができる。

私も最期を病院で迎えるのなら
ここがいいなあとしみじみ思った。
ぼちぼちこういうことも考えていかないとね。

飛鳥山公園のアスカルゴ

昨日はお天気もよく、
友人プレゼンツのお花見@飛鳥山公園。
直前に仕入れたにわか情報によると
吉宗公が享保の改革で整備した公園だとか。

初めて降りたよ、王子駅。

都電荒川線も走っているのね。

 

なにこれ! モノレール!

アスカルゴというらしい。
北区の区営なの?
アナウンスは北区名誉区民の
倍賞千恵子さんと豪華。

楽しーーい!

 

さて、お花見の宴はというと…
ビニールシートにモエ!
小布施ワイナリーの日本酒も
フルーティな白ワインみたいでおいしい。

西日暮里のポポーで
サンドイッチも買ってきてくれた。
とってもおいしい。

 

肝心の桜は…咲いてない。
しかもピント合ってないし。

 

おいしい酒で勢いがついた
大人の女子飲みは延々と続く。