鮭こば、小さな幸せ

先週、小田原の干物やさんで買った
鮭こばなるものが、めっちゃうまい。
魚は皮と目玉がいちばんおいしい、
と思っている私には幸せな味。

昨日はご飯といっしょに。
今日は黒霧島といっしょに。

“こば”は小田原の方言で
“はしっこ”のことらしい。
鮭を切り身の形に整えるために
腹ビレ部分を落としたものらしい。

なんかもう、オヤジ道まっしぐらかな。
三連休も仕事してるから許して…。

小田原おでん

高校時代の友人に誘われて小田原へ。
小田原を愛する小田原マダムの案内で
まずは、地元のかまぼこメーカー13社が経営する
「小田原おでん」でランチ。

ピンクのは鯛、かじってるのはさんま、
しいたけ、 がんも……
練り物ってこんなにおいしかったっけ?

締めのご飯にもおでんだしをかけて。
だしがちょっと甘くてね、おいしいの。

 

マダムの同級生の干物やさんで買い物。

 

海辺で石を拾う女たち。
持って帰るのが重いんじゃ…。

 

この後も、素敵な器やさん、小田原漆器の店、
ナッツとドライフルーツの店など
おすすめの店に連れて行ってもらっては
うれしくて爆買いする私たちであった。

マダムのジュエリーショップで
友人がリフォームの相談を終えると
(本来の目的はこれだった)
マダム行きつけの小料理やさんで
電車の時間まで一杯。

かますの揚げ物、かつおのたたき、
かにの酢の物、いろいろうまーい。

名残おしいけれど帰らねば!
マダム、ありがとうーー。

 

帰りのロマンスカーは
先頭車両に乗って小田原駅を出発。

予想以上に楽しくて興奮し、
駅を通過するたびにけっこう恥ずかしい。

今度は昼間に乗りたいなあ。