トロピカル性転換ツアー/能町みね子

タイで性転換手術を受ける人は
日本人にも多いというけれど、
実際はどんなもんなんだろう?

能町みね子さんについては
『ヨルタモリ』で鋭いことをおっしゃる
心のやさしそうな人、ぐらいの認識で、
元男性と知ったのは最近のこと。

これ読むと、うわ〜痛そう!
と同情しつつ、ぷぷっと笑ってしまう。
いやもちろん大変なんだろうけど
文章が上手いから笑ってしまうの。

解説は内澤旬子さん。
内澤さんと能町さんの関係性も興味深い。
そして、タイはやっぱりいいなあと思う。
それと、電車の中で読むのはちと恥ずかしい。

フリーダ・カーロ → エリック・サティ

数カ月におよんだヘトヘトな日々が過ぎ、
しばしの息抜き@渋谷。

 

映画「フリーダ・カーロの遺品」は、
フリーダ・カーロ没後50年目に
写真家の石内都さんが遺品を撮影し、
その様子を収めたドキュメンタリー。

常に死と隣り合わせだったフリーダの
生涯を通しての生へのエネルギーに
とても勇気づけられたし、
石内さんの受け止め方がまた素晴らしい。

オアハカの民族衣裳も美しく、
メキシコに行きたくなった。
(行ったことがないのだーー。)

 

近くの中華やさんでワンタンメンを食べ、
おかあさんに「また来てね」と言われて
嬉しくなったところでBunkamuraの
「エリック・サティとその時代展」へ。

平日なのになかなかの盛況。
エリック・サティの曲は大好きだけれど
本人は変人だったんだろうなあ。
近くにこういう人がいたら面倒くさい。

展示の最後に演奏を聴けるのだが
挟まれるセリフが皮肉たっぷりで苦笑。
世の中は斜めに見ないと、という重要ポイントを
サティは教えてくれるのだった。

サティの招待券をくれたHちゃん、さんきゅー。
明日からまたがんばりますよ!

週末の酒

土曜日は某大学の◯田教授の研究室で
ドメーヌソガのカベルネ・ソーヴィニヨンと
メルローをふるまってもらう。
うまいーー。間違いなし!

荒川を挟んで板橋区と戸田市で上がる
花火もばっちり見物できて
ありがとうございます!

 

日曜日は沖縄関連のイベント@代々木上原。
黒豚と白豚のタコライス、うま!
オリオンビール、うま!

あ〜仕事しなきゃな〜と思いながら
すでにやる気はない。
伊江島産ラムのモヒート、うま!

ライム代わりのシークワーサーと
マドラーのさとうきびがいい香りなの。
沖縄タイムスを眺めながらちびちび。

 

以降、初心に戻ってビールタイムとなる。
それにしても暑すぎる…。