ジャズとバリごはん

渋谷のバリニーズカフェへ
友人が招待されたジャズライブにご相伴。

おじさま方のライブは渋くてカッコイイ。
やっぱり生演奏を聴くのっていいね。
ビンタンビールを飲みながらまったりする午後。

ライブの後はバリごはん。
アラックのボトルも入れちゃってゴキゲンなのだ♪

渋谷は人が多すぎるけど、
桜丘あたりは静かで、店がこぢんまりしていて
落ち着いて飲めるから好き。

トリセツ・カラダ/海堂尊

根っからの超文系なのに、なぜかときたま
代替医療を中心に医療系の仕事をしている。
興味なくはないのだけれど(実際、面白い)
もちろん基礎知識がないので、苦しい一夜漬けの連続。

このところの課題は、中医学、アロマテラピー、
ハーブ療法、アーユルヴェーダ・・・。
うひゃ~。

資料として人体解剖の本を買ったついでに、
作家で病理医の海堂尊さんが書いた
こんな本を見つけて読んでみた。

これ、すごいの!
ものすごくわかりやすい。
なんていうか、「考え方」と「プレゼン」なんだね。
イラストがかわいいから、眺めるだけでも楽しいし。

1回読んだだけでは理解しきれないけれど
今後、何度も読み返すであろう予感がする。
そんな本にはなかなかめぐり会えない。

益子、土祭。

益子で開かれているアートイベント、土祭(ひじさい)へ。
早起きしてお腹が空いたので、まずは腹ごしらえ。
「ヒジノワ」の体によさそうな定食は、味もやさしい。
器はもちろん益子焼。

 

以前、熱海のカフェで見かけて好きになった
川村忠晴さんの作品展示。
江戸時代から続く藍染工房にすすきの灯り。

ほおずきの灯り。部屋にひとつほしい。

たんぽぽの綿毛はふんわりやさしい。

 

町じゅうの軒先にいるキュートな土人形は
見目陶苑で買える。1つ1000円。

 

若手の陶芸家グループによる展示。
震災で割れた益子焼のかけらをコラージュ。

 

益子駅からメインストリートまでの道中にも
おいしそうな野菜や果物を売る市場やら
手紡ぎの綿でつくる織物の工房やら・・・。

アート作品を見る以外に誘惑がいっぱいあって
最後はかけ足・・・でも、とても回りきれない。

帰りは特設会場の「夕焼けバー」で
太鼓やお囃子の演奏をききながら生ビール。
休憩もせずに歩きっぱなしだったので胃にしみる~。

この後、なぜか渋谷で朝まで飲んでしまい
24時間ぶっ続けで遊んだ週末となった。

 

あ。真岡鐵道のSLもかっこよかった~。
下館駅にて。

土祭は9月30日(日)まで開催中。