ひとり旅の男の子たち

広島で印象に残ったことのひとつが、
ひとり旅の男の子をあちこちで見かけたこと。
大学生からアラサーまで(おじさんはいない)。

原爆ドームも平和記念資料館も宮島も
超観光地だからかな? でも、
日本人のひとり旅は女子が多いっていう
固定観念があったので、正直、目うろこだった。

こちらもせわしない道中で
話をしたのはほんの2~3人だったけれど、
みんなちょびっと緊張しながらも、好奇心旺盛で、
人にやさしくて、楽しそうに旅をしていた。

若者が旅行しなくなった、なんて、
旅行業界にいながら彼らに影響力を持てない
我々の思い込み(もしくは言い訳)なのかも。

がんばれ、男子! ねーさんは応援するよ!(笑)

 

 

 

 

 

ところで、宮島の鹿は置き物のように静か。
奈良公園のアグレッシブな鹿と同類とは思えん。

広島でおいしかったもの

基本的にひとりメシだったので、
食事のバリエーションはあまりなし(笑)

初日はやっぱりお好み焼き。
クライアントが教えてくれた
観光客が来ないという地蔵通りの店。
焼き牡蛎とかレバ刺しとか食べたあとなので、
ハーフサイズをオーダー。
このネギがめっちゃうまい。

okonomiyaki.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

宮島ではあなごめし。
肉厚で江戸前の穴子とはちと違う。

anago.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりで飲みに行った居酒屋では
瀬戸内海の海の幸をお造りで。
カメラのバッテリーを充電したまま入れ忘れ、
ケータイで食べかけを撮ってみた。

sashimi.jpg

 

 

 

 

 

 

小イワシの刺身が絶品。
ひとり飲みは勇気がいるけれど、
行ってよかった! と思いました。

原爆ドームのインパクト

日曜の今日は原爆ドームへ。
そばで見ると思っていたより大きくて、
奥行きがあって、迫力があるのに驚いた。
これを残した選択はすばらしいと思う。

私が現場の取材にこだわる理由は
こういうことなのだ、と再認識もした。
実際にその場所に行ってみなければ
感じないこと、考えないことはけっこう多い。

資料館にも若い人がたくさん来ていて、
みんな神妙な顔つきで、
じっくりと時間をかけて展示を見ている。

 

 

 

 

 

 

私も気がつけば4時間ぐらい見ていた。
それぐらい見ごたえがありました。