勝沼ワイナリーツアー<後編>

ランチ後、2軒目のワイナリーは
塩山の「甲斐ワイナリー」。
江戸時代の建物が現役で使われていて
とても雰囲気がある。

これは200年前の蔵を改装したカフェ。

素敵な庭を通り抜けると葡萄畑へ。
「蒼龍葡萄酒」の畑と同じ棚式。

昨日解禁になった新酒などを試飲して
バタバタと次のワイナリーへ。

 

3軒目のワイナリーは一宮の「ルミエール」。
この畑は垣根式で、品種はカベルネ・ソービニヨン。

こちらの畑は甲州種。
葡萄をもいで食べてみる人々。

工場でスパークリングワインの説明があり、
作るのにとても手間がかかることを知って
それはぜひ飲みたいなあと思いながら聞いていたのだが、
希少な商品なので試飲はできないということで
でも飲みたいのでみんなで割り勘で購入して、工場で試飲。
もちろんおいしいーーー。

明治時代の石蔵発酵槽を見学して、買い物して、
工場長といっしょに葡萄畑で記念撮影。

 

帰りも中央道は大渋滞で、
日本シリーズを観戦しながら東京へ。
楽天、勝ったね~。

初めてでドキドキのバスツアーだったけれど
みなさんの「楽しかった!」のひと言が嬉しかった。
こちらこそありがとうございました。

 

ちなみに私のお買い物は、
蒼龍葡萄酒の新酒「甲州辛口」(上品なシトラスセント)
甲斐ワイナリーが自社の葡萄だけで作った「かざま甲州」(甲州種)
ルミエールの石蔵で作られた「石蔵和飲2003」(マスカットベリー種)

酔った勢いで開けないように気をつけなきゃ。

烏骨鶏プリティ

もいっこ勝沼ネタ。

烏骨鶏ってずっと黒いと思っていた。
思いこみ・・・。

なんだかふわふわでかわいい。
顔もやさしいし、卵はおいしいんでしょ?
庭に五羽ぐらいいたらいいなあ。
(庭ないけど。)

この子たちはぶどう棚の下を走り回って
激しく鳴いているのが、また似合うのだった。

かちわりワイン、赤と白

勝沼ネタのつづき。
中華料理の店でかちわりワインなるものを発見。
つまりワインのオン・ザ・ロックス。

さすが勝沼ですね~と言ったら、
「キリンの推奨なんで全国にありますよ」だってさ。
こういうのを、ぬかよろこびという。
せっかくなので残った餃子と記念撮影してみた。