告白 〜あるPKO隊員の死・23年目の真実/旗手啓介

2016年に放送されたNHKスペシャル
「ある文民警察官の死
〜カンボジアPKO 23年目の告白〜」
の書籍化(2018年1月発行)。

 

番組を観た人もいると思うけれど
(私もたまたま見た)
心にずしんと残る衝撃的な内容で、
いくつもの賞を受賞している。

でも、カンボジアPKOで日本の文民警察官が
亡くなった事件そのものは、
ああ、こういうことあったなあ、
ぐらいの記憶しかなかった。

番組取材は10カ月におよぶもので
49分の番組では伝えきれない複雑な背景が
本書では詳しく語られている。

 

代理戦争を発端とする内戦によって
“キリング・フィールド”となった
カンボジアを民主国家にするために、
1992年、国連のUNTACがPKOを派遣。
44カ国が参加した。

日本政府と外務省は各国から
人的貢献を求める圧力をかけられ、
初めて自衛隊を派遣したPKO。
UNTACのトップは日本人だった(明石康氏)。

 

PKOは派遣先の停戦合意が前提となるが、
現実は村人も自動小銃やロケット砲を持つ
殺伐とした戦場であり、
総選挙が近づくと、UNTACの施設や
PKO隊員が襲撃されて犠牲者が増えていく。

自衛隊は比較的安全な地域へ
600人全員が一部隊として派遣されたが、
日本の文民警察官75人は数人単位で各地へ。
事件が起きたアンピルは無法地帯だったという。

 

ところが、停戦合意を建前に
UNTACは適切な対策をとらず、
日本ではほとんど報道もされなかった。

他国ではPKO派遣を第三者が検証し、
公式文書を公開しているのに、
日本政府は事件の検証すらせず、
帰国したPKO隊員には沈黙を強いた。

 

正直、読みながら
怒りや憤りしか湧いてこなかった。
日本てこういうところがダメすぎる。
南スーダンも同じような状況なんだろう。
闇は深く、いろいろ考えさせられます。

 

番組はNHKオンデマンドで
PKOの概要は外務省ホームページで

家飲み新年会2種

あけましておめでとうございます。
年明けは人んちで新年会。

 

●1月5日(金)
エリア:立川
メンバー:昔いた会社の同僚4名
スタイル:ごちそう系

 

料理上手な友人夫婦が
最近習ったというギリシア料理で
もてなしてくれた。

家飲みでギリシア料理って…。

 

オードブルは
白かびサラミとチーズ。
これだけでお酒が進む進む。

IMG_3372

 

かんぱーい!

IMG_3378

 

お料理がどんどん登場。

IMG_3376

お米や挽き肉が入っている
パプリカのオーブン焼き(イェミスタ)、
フェタチーズのグリークサラダ、
たらの唐揚げ。

写真に写ってないけど
ヨーグルトにきゅうりとか
いろいろ入ってるディップ(ザジギ)、
鶏肉のヨーグルト煮込みも。

 

デザートも手作り。

IMG_3379

 

次回はムサカを作ってくれるそうで
楽しみ〜。

 

●1月7日(日)
エリア:板橋区(東武東上線沿線)
メンバー:タイ関連の人々5名
スタイル:闇鍋系

 

鍋物にするらしいので
最寄り駅に集合してスーパーへ。
野菜、肉、魚、お酒など
各自好きなものをカゴに入れる。

 

かんぱーい!

E7AE90DC-5E7D-4AF9-9756-916D22B3E745

 

寄せ鍋のレトルトスープの量が足りず、
そのへんの調味料を追加。
具材も各自好きなものを投入。

CCE33090-0054-4D92-9E11-C16E8CA3D687

火加減も適当なので
餃子からとろみが出てきて
中華あんかけのような状態に(笑)

 

スープを適当に調合→余った具材を入れる
を繰り返しているうちになぜか
おいしくなってくる鍋物の不思議。

IMG_3381

 

締めはカラオケ。

IMG_3385

 

さって。
明日からまた働こう。

もったいなくて使えないかもしれないヘアバンド

コスチュームジュエリー(など)を
作っていらっしゃる作家さんに
春頃オーダーしたヘアバンドが、
ひと月ぐらい前に届いた。

IMG_3356

なんと下絵なしに刺すという
緻密で美しい総刺繍。
はあぁぁーーー。

 

ほかの作品にいた馬がかわいくて
リクエストしたら付けてくれた。

IMG_3361

ちゃんとたてがみもある!
走ってる!

 

素敵すぎて使うのがもったいない。
でも、使わなきゃもったいない。

 

作家さんの刺繍作品はこちら