九十歳。何がめでたい/佐藤愛子

今年の上半期ベストセラー
総合第1位らしい。
このご時世に90万部!

09396537

 

「娘と私の…」シリーズで
笑かしてもらった世代としては、
あのお嬢さんも55歳なのかあ、と
なかなか感慨深かった。

当時は「よく怒っている人」
というイメージが強くて、
それはいまも変わらないようだけれど
お説教ではぜんぜんない。

まなざしがしみじみとあたたかく、
ものごとの核心をついている。

苦楽を積み重ねてきた
お年寄りの話は聞くべきなのだな。
こういう本が多くの人に
読まれているのはうれしい。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます