雪の鉄樹/遠田潤子

本の雑誌が選ぶ
「2016年度文庫ベストテン」
だそうです。

 

親の愛情を知らずに育った
孤独な青年が主人公で、
胸がふさがれる場面が多数。
読むほうもパワーがいる。

 

そして、この主人公の姿は
私が近しい人にどこか重なる。
と、あるシーンで気づいた。

私はずっとその人を
知ったつもりでいたけれど、
ぜんぜん理解していなかったと
つくづく思い知らされた。

ああ。まだまだだなあ。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます