アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!/山田正彦

美容師さんからの借り物。

51fbn0gfrrl-_sx338_bo1204203200_

 

本書はこんな一文で始まっている。

「TPP協定は本文、附属書、
交換文書を入れて6300頁もある。」

ええーー。そんなにあるのかー。
しかも日本語の正文がないという。
日本側が求めなかったからだそうで、
えーと、嘘でしょう?

その複雑な英文のTPP協定を
良識ある専門家たちが読み解き、
元農林水産大臣で弁護士の
山田正彦さんが解説している。

 

TPPに関してはよくわからないし、
自由貿易は悪くないんじゃない?
なんてぼんやりしていたら、
自分たちが破綻するような内容なのね。

アグリビジネスや製薬会社や
保険会社や、ほんのひとにぎりの
グローバル企業の利益が最優先で、
その他大勢は、国家も国民も
ぎゅうぎゅうに搾り取られる図式。

経済効果としてはマイナスでしかなく、
遺伝子組み換え食品とかで
健康が損なわれる上に、
医療費は上がるわ、職は失うわ、
なんて困るよーー。

 

…と、読み進めるほどに
心が暗黒になる本です。
でも、いま知ってよかった。

TPP協定の内容もその影響も
国民には知らされていないし、
もしTPP協定が発効されたとしても
4年間は交渉文書を秘匿するらしいので
(なんだそれ〜)
本書は“速報”でもある。

 

唯一、希望が持てるのが最終章で、
TPPを違憲として差し止めることが
できるのではないかと提言されている。

詳しくはこちら。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます