北海道でサケの人生を考える

先々々週の10月半ば、
取材でアイヌの集落、二風谷(にぶたに)へ。
二風谷は新千歳空港から車で1時間半ほど。
沙流川(さるがわ)沿いにあり、
人口の7割以上をアイヌが占める。

短い取材の間に10人以上の
アイヌ、非アイヌの方々に話を聞き、
あーもー半世紀も生きているのに
知らないことが多いなあ、とつくづく。
取材はためになります。

(民宿の食事うまかったー)

(民宿の食事うまかったー)

 

それはさておき、
同行のカメラマンさんが
サケの遡上を見つけたというので、
眺めようとついて行った。

沙流川生まれのサケは
海で数年を過ごした後、
また沙流川へ戻ってくる。

 

沙流川を遡り、
ダムの魚道を遡り、

img_2584

……やっと生まれ故郷に戻ってきたと思ったら
こんなコンクリートの狭いとこを通るのかよ!
痛てーよ!  と悪態をつきながら、
(サケの気持ちを代弁)

 

生まれた支流へ入って、さらに遡る。

img_2596

 

いた!

img_2598

 

最後の力を振り絞って産卵するサケ。

img_2592

流されないようにがんばっているけれど
もうほとんど力がない。
命尽きたサケもあちこちに横たわっている。

 

img_2593

ときどきバシャッとしぶきが上がるのは
メス同士のバトルらしい。
子孫を残すために死ぬ直前まで戦うのか…。
サケの人生はシビアなのだ。

 

ついでに、食事処の箸袋にもサケの遡上。

img_2554

 

ところで、実家(水戸)の両親に
サケの遡上を見て感動した話をしたら、
桜川あたりでも上るよーと
父がこともなげに言うので軽く驚いた。

桜川というのは近所を流れる川で
子供の頃の遊び場で、通学路でもあった。
私がぼんやりした子供で気づかなかったのか
または父がボケてしまったのか…。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます