タイ国王のこと

初めてタイへ行ったのは25年前。

ドンムアン空港から
真っ暗なガタガタ道を走って
バンコク市内に着くと、
薄暗い街に裸電球を下げた屋台が
あちこちで賑わっていて興奮した。

印象に残ったのは
ホテルにも食堂にも民家にも
国王の写真や肖像画が飾られていたこと。
日本の御真影みたいなものかな?
と想像していたら、どうも違った。

タイの人たちは王様が大好きで
心から尊敬しているようなのだ。
そう聞いてびっくりして
タイっていいなあ、と思った。

 

その後もタイを訪れるたびに
プミポン国王の業績や人柄を称える話や
ここ数年は病状を心配する声を
あちこちで耳にすることになった。

私がのほほんとタイを旅行したり
楽しく取材したりできるのも
そんな国王の存在のおかげだと思っている。

感謝とともにご冥福をお祈りします。
これからもタイの人たちの心が
平穏でありますように。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます