インドの子供服とラオスの刺繍

先日、岩立フォークテキスタイルミュージアムへ。
インド〜中国〜日本と、西から東へ展示された
「母が作った子供服」を見てきた。

ミラー刺繍やプリーツや型染めや。
背中に魔除けがついていたり、
ずっしり重いフェルトだったり、
幼児婚の衣裳だったり。

一着作るのにいったい
どれぐらいの時間がかかるんだろう。
想像を絶する細かい手仕事だけれど
どれもフツーにかわいい。

 

ミュージアムショップで買ったのは
ラオスのコースター。

魚と、あぶくみたいな渦巻き。
なんでこんな素敵な配置を思いつくのか。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます