何者/朝井リョウ

主人公は就活真っ最中の大学生たち。

学生なんて無知で自意識過剰で
いま思えば恥ずかしいことばかりで、
学生時代の自分を振り返ると
速攻で穴を掘って入りたくなる。

この小説に登場する学生たちも
とにかくカッコ悪すぎで、
読んでいて息苦しくなった。

それにしても
学生たちの貴重な時間を奪う
いまどきの就活ってなんなんだ。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます