働く男/星野源

途中まで読んでどこかにいっていたのが
掃除中、数カ月ぶりに発見して読了。

星野源さん、歌もコントもけっこう好きだけど
映画の批評というかエッセイがとてもいい。

2010年〜2012年の『ポパイ』の連載で
あまりメジャーではない
26本の映画を紹介している。
どれも観てみたくなった。

ちなみに私は3本しか観てなかった。
映画、観なさすぎー。

文章がうまい人に憧れて、
才能ないと言われてもこっそり営業して
文章を書く仕事を始めたという。

「才能がないからやる、
という選択肢があってもいいじゃないか」
と書かれていて、
こういう考え方は好きなのだった。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます