ラオスにいったい何があるというんですか?/村上春樹

ラオスの文字にグッとつかまれて。

10篇の紀行文のなかには
『遠い太鼓』(1990)に登場する
ミコノス島とスペッツェス島、
トスカナも再訪して書かれていた。

『遠い太鼓』は私にとって特別な一冊で
もうどれだけ読んだかわからない。
そんなわけで、若かりし1980年代当時の
苦悩なども思い出しつつ読んだ。

ラオスの話は、そうそう、という感じ。
来年はラオスに行きたいな。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます