美しい子ども/松家仁之編

ジュンパ・ラヒリやアリス・マンロー。
さまざまな背景を持つ
現代の小説家11人の
短編を集めたアンソロジー。

知らない場所の、知らない境遇の人たちの
生きざまと心を覗き見るようで、
短編っておもしろいなあ、とつくづく思う。

日常の風景を切り取った話が多いなか、
本書のタイトルになっている
ディミトリ・フェルフルストの「美しい子ども」、
ネイサン・イングランダーの
「若い寡婦たちには果物をただで」など
心に突き刺さる衝撃の物語もある。

短編のつづきのような
編者のあとがきもよかった。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます