悼む人(上・下)/天童荒太

久しぶりに小説を読んだ。借りもの。

うーーん。人によって感想が分かれそう。
私はあまり共感できなかったかなあ。

とはいえ、ぜんぜん飽きずに読めちゃうのは
物語を紡ぐ力のなせる技なのだろう。
おもしろい小説であることは間違いない。

映画のほうは大コケだったらしい。
なんででしょう?

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます