戦争するってどんなこと?/C・ダグラス・ラミス

沖縄の佐喜眞美術館
何冊か入手した本の一冊。

著者は元海兵隊員で
私の母校で教えていた政治学者。
私は講義を受けたことがないのだが、
かなり左寄りの先生という噂だった。

でも、本書は右とか左とかじゃなく
とてもフラットに語られているように思う。

戦争とはどんなことをするのか?
日本が戦争できる国になったらどうなるか?
非暴力抵抗で国が守れるか?

いくつかのシンプルな問いを立てて
中学生向けに説明しているので、
むだな言葉あそびがいっさいなく
すっきりとわかりやすい。

今年7月発行で
自民党政府が「解釈改憲」を実行する
可能性をふまえて書かれているから、
現実にどう向かえばよいか
考えるヒントにもなりそうだ。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます