ベンガルのかわいい布

天気がいいので
日本民藝館へチャリ散歩。

お目当てはこれ
やっと来れた〜。

カンタというのは旧ベンガル地方の刺子。
着古したサリーや男性の腰巻を重ねて、
動物、花、人などの身の回りのものや
蓮の花、生命の木を細かく描いている。

これが、ヘタウマのイラストみたいで
(なかには少し上手なのもある)
とってもかわいいのだ。
どれも味があって、見飽きない。

儀式に使われたものもあるから
100%解放された心では
作っていないのかもしれないけれど、
眺めるだけでハッピーになるんだなあ。

旧ベンガル地方というのは、現在の
インドの西ベンガル州とバングラデシュらしい。
ミャンマーの刺繍を思わせるのは
地理的に近いからかな。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます