99%対1% アメリカ格差ウォーズ/町山智浩

資料探し中に書店の棚で見かけて、
そういえばアメリカってどうなってんのかな?
とふと思い、読んでみた。

「クーリエ・ジャポン」の連載をまとめたもので、
2009年のオバマ大統領就任から
大統領選挙を控えた2012年夏までに
アメリカの政治に起こったことが書かれている。

著者のまえがきによると、この4年間は
「オバマとティーパーティの戦い」。
これまで、ティーパーティ=増税に反対する人々
ぐらいの認識しかなかったので、
保守派のあまりのバカっぽさに、もうびっくりよ!

文庫の解説では「反知性主義」と説明されている。
誰がどんな考えを持っていてもいいと思うけれど
“考えない”という選択肢はいかがなものか。

日本の親しき友達、アメリカで何が起こっているか
ときどき確認しとかないと、と思いました。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます