スリーピング・ブッダ/早見和真

表紙がポップなので
「ファンシィダンス」みたいな話?(懐かしいね)
と思ったら、ちょっと違った。

軽ーく書かれているけれど
宗教とはなんぞや? という
壮大かつ超シリアスなテーマ。
まあ、タイトルも「涅槃仏」だし。

家の近所だけでもたくさんのお寺があるのに
檀家じゃなければ関わりが持てない。
日常の悩みへのヒントとか、災害時の心のケアとか、
宗教家ができることってたくさんありそうだけど。

タイやラオスやミャンマーのお寺みたいに
日本のお寺も自由に出入りして心を落ち着けたり、
お坊さんと気軽に話したりできればいいのに。
と、つねづね感じていることが、本書にも書かれていた。

お坊さん萌えの方にもよろしいでしょう。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます