紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている/佐々涼子

本読みの編集者Tさんのおすすめ。
3.11で壊滅的な被害を受けた製紙工場の
再生を追ったノンフィクションだ。

私も著者と同じく、震災直後、
仕事先の出版社で「紙がない」と聞いて
本や雑誌の紙が東北でつくられていることを知った。

日本の出版用紙の4割を日本製紙が生産しており、
その基幹工場が被災した石巻工場だという。

もし石巻工場の復興がなかったら
紙の供給はなくなり、本も雑誌もつくれず、
出版業界の低迷は加速度を増しただろうし、
私も仕事を失っていたかもしれない。

長年お世話になっている紙が
どこで、どうやってつくられているか、
これまで知らずにいたのは恥ずかしいけれど
いま知ってよかった。

出版用紙を再びつくってくださった方々、
本当にありがとうございます。

本書は震災時の記録としても一読の価値がある。
報道されていない事柄にも触れられていて、
これもいま知ってよかったと思う。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます