月影の道 小説・新島八重/蜂谷涼

酒と小説の日々、小説編その1。

次回の引っ越しまで放置されるであろう
引っ越しダンボールの中から、
本読みの編集者Tさんの推薦により
昨秋、Amazonでポチった本を発見。

日本に戦争がない時代に生まれて
本当によかった。

あと、大河ドラマは見てないけど
綾瀬はるかは違うなー。という感想。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます