下町ロケット/池井戸潤

400ページもある長編なのに
あっという間に読んでしまった。

池井戸潤さんの小説は
「オレたち花のバブル組」も面白かったけれど
個人的にはものづくりの話のほうが共感できる。

読みながら、そうだそうだ!負けるな!
と思わず力が入り、
ラストシーンでは胸が熱くなった。

本を貸してくれた池井戸ファンのさんBさんいわく
これが池井戸本のベストじゃないそうなので
次回の本の会が楽しみ~。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます