対話篇/金城一紀

「映画篇」がよかったので読んでみた。
ミャンマーで読んだせいか
じんわりとやさしい気持ちになった。

ミャンマーは敬虔な上座部仏教徒の国。
身の丈以上のものは要らないので、
余分なお金があれば恵まれない人に喜捨をする。
だからか、貧しくても人々はとてもおだやかだ。

それは、タイやラオス、カンボジアを旅行しても
身にしみて感じること。

人生に本当に必要なものなんて、そう多くないのかな?
この本のメッセージとも重なるかも。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます