鹿男あをによし/万城目学

おもしろいし、テンポがよくて、さくさく読めた。
さすが直木賞候補作。

shikaotoko.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想といえば、奈良に行きたくなったこと。
妙に印象に残ったのは、主人公が茨城出身なこと。

実家が鹿島神宮の近くだし、
奈良の女子高生に「東京の右」とか言われてるし(涙)
関西に住んでいても納豆を食べてるしで、
間違いなく茨城。

同じ茨城出身としては、悲喜こもごも、ちゅーか。
茨城ってそんな位置づけだよな・・・。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます