プリンセス・トヨトミ/万城目学

草津取材にご一緒したカメラマンT氏と、道中、
本の話をしていたら(片道3時間半なので、たっぷりと)
マキメさんの本はおもしろいとすすめられ、
帰ってさっそく読んでみた。

toyotomi.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台は大阪。
大阪ならアリかも、というおバカな設定。
T氏が言うように、映画の脚本を読んでいるかのように
ビジュアルがつぎつぎと頭に浮かぶ。

なかなかおもしろかったので、
「鹿男あをによし」も読み始めたよ。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます