ひそやかな花園/角田光代

ひさしぶりに“没頭した”一冊。 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで私がやさしくできなかった
人たちのことを思い出して、せつなくなった。
これからは人にやさしくなれますように。

というような、やさしい気持ちになれる話です。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます