悪人/吉田修一

映画の告知やらを見ていたから、
深津絵里の役が最初から最後まで
出てくるのかと思っていた。
そしたら、違った。

被害者の女の子とその友達の
浅ーい感じが長々と描かれていて
それがすごいリアル。

 

 

 

 

 

 

文庫はカバーが二重になってて、
裏側は著者と監督へのインタビュー、
という凝ったデザイン。

たまたまサイン本で得した気分。
and 深津絵里さん、おめでとう!

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます