ぎゃああぁぁぁ

もういっこ、チェンマイ。
象に乗ったあと、ローカルバスに30分も揺られて
(っていうと牧歌的だけど、
天井に頭ぶつけそうになるほどガタガタに揺れる)
川の上流へ向かう。
これからラフティングに挑戦するのだ。

漕ぎ方や、ボート内での移動のしかたや、
川に落ちたときの姿勢や、そんな講習を受ける。
インストラクターが後ろに乗って、
次々と出される指示にひたすら従う。

rafting03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

1メートルぐらいの落差でも、頭から突っ込む感じ。
もう全身ずぶぬれ。ひゃ~。

rafting04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

いっかいぬれちゃえば、もうどうにでも。
川を熟知しているインストラクターに
たびたび遊ばれるのはちょっと悔しい。
(ボートをひっくり返されたり。)

10キロを2時間かけて下ったら、
へとへとになりましたとさ。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます