蠅の王/ウィリアム・ゴールディング

奥付が平成15年になっているから、5年前に買った文庫本。
買ったときに3分の1ぐらい読んではやめ、
2年後ぐらいにまた読み返して途中でやめて。
この度、めでたく読了しました。

無人島に不時着する少年たちの話なんだけれど、超リアリズム。
私がラーフやジャックだったら…やはり殺し合いに参加しそう。
肉、食べたいしな。
現実の世界は『十五少年漂流記』にはならない。
池田満寿夫さんの挿画もよいです。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます